突然シングルマザーになった私と我が家の楽しい毎日

子供二人シングルマザー急に考えなきゃいけなくなったお金のこと子育てのこと

乙武洋匡さんの浮気や別居から考える夫婦のこと

乙武さんが浮気!とニュースで聞いたとき、私は正直、意外だなと思ったのですが、そう思った方は少なくないんじゃないでしょうか。

最近の浮気、不倫報道が多かった中での突然のニュースで、ゲス乙女の川谷絵音などにはけっこう辛辣なコメントをしていたワイドショーの出演者も、なんとなく「あの乙武さんがねぇ・・・」という感じでした。

障碍者だから意外だ・・・と思っていても口にしたら差別的ととられてしまうから、
言えないのでしょうね。

なんというか乙武さんにはクリーンなイメージがあったんですよね。

結婚に関しても、障害を乗り越えて理解してくれる女性と出会って、
苦労もあるだろうけど、愛にあふれた家庭なんだろうな、と勝手にイメージしておりました。

浮気報道をきっかけに夫婦一緒にいる時間が増えた

f:id:familyof3:20160623125501j:plain

皮肉なものですね。

浮気報道があったため、奥様とやり直そうと思って毎日家に帰っていたら
余計に奥様が辛くなってしまって別居することになった、と。

でも、これ分かるような気がするんですよね。

子供がまだ小さくて、しかも3人もいるという状態は、たとえ夫が健常者でも、
仕事が忙しくてほとんど家にいなかったり、家事や育児を手伝わない夫がいる女性は
辛さを知ってますよね。

子育てに家事に忙しい上に、乙武さんの奥様の場合は、乙武さんの介護も必要だったのですから、その苦労は想像以上だと思います。

 

期待するから辛くなるのかもしれない

子育てや家事を夫に手伝ってほしい、ということをきっかけに起きる夫婦喧嘩って多いですよね。
ママ友との話でもよく聞く旦那に対する不満や愚痴は、子育てや家事を手伝わないという話題ばかりですから。

私の夫も、家事はほとんど何も手伝いませんでした。

育児は、長男が生まれてすぐはお風呂に入れてくれるくらいはやっていました。

正直、妻の立場からしたら、育児の中の2パーセントくらいしか手伝ってもらっていないイメージでしたが、夫はよく毎日風呂に入れていた!とちょっと自慢気に話してました。

夫がお風呂に入れてくれるとき、私が子供を裸にして、先にお風呂に入ってる夫に手渡し、私がお風呂上がりの準備をして、洗い終わった息子を手渡され、拭いたり綿棒でおへそや耳を掃除して、下着やパジャマを着せ、授乳するのです。

お風呂の中で、泡をつけてきれいに洗って、湯船で子供の顔見ながら話しかけて、楽しい時間を過ごして、終わったらハイって渡されるわけです。

なので、たまに飲み会があって私が一人でお風呂に入れることがあっても、夫が一人ですべてをやったことはなかったので、そのたいへんさは理解してなかったでしょうね。

ゴミ捨てなんかもやってくれてた時期がありました。

これもね、家じゅうのゴミ箱からゴミ袋にゴミを集めて、排水溝のゴミも取って、玄関にゴミ袋を置いておくと、それをゴミ捨て場まで運んでくれるわけです。

ゴミ捨て、というかゴミ運びなんですけどね。

 

子供が小さかったとき、もっと手伝ってよとついつい言ってしまってました。
そのたびにやはり喧嘩になり、不満も貯まっていました。

でも。

 

私の場合、ある時からいうのをやめました。

もう、言ってもしょうがないから、育児も家事も手伝ってもらうのをやめました。

実はその方が楽だったりします。

食器洗うのも、ぶつぶつ言われながらやってもらって、ちゃんと洗えてないこともあったり、ゴミ捨ててきてと言って喧嘩になるくらいなら、そのくらいなら自分で持って行った方が気分も悪くないし、別にそんなにたいへんじゃない。

なんというかまぁ、期待しなければいいんですよ。

 

我が家の場合、出張などはほとんどない夫だったので、一晩家を空けるということがほぼなかったので、たまに泊りの仕事があると、これが楽なんですよね。

もちろん、夫は障碍者でもないですし、お風呂やトイレに自分で入れるし、着替えだってできます。

しかし、食事のこと、脱いだら脱ぎっぱなしの洋服を片付けること、使った食器を放置されること、などなど夫にまつわることが、夫の不在でなくなるだけで、なんとも解放感があって楽なんです。

 

乙武さんの奥様もそんな気分だったのではないかな、と思います。

もちろん、乙武さんの奥様のほうがもっとずっとたいへんだっただろうし、あくまで推測ですけどね。

 

いつもニコニコと笑顔で家事や子育てをして、夫にも優しい。

そんな理想の妻なんて無理なんです。

 

疲れていて、子供もぐずっていて、夫が目の前にいたら、

「もう、少しくらい手伝ってよ!!」

なんて言ってしまって喧嘩にもなるんだけれど、それはそれでストレスを発散できたりもするのですが、乙武さんには言えないでしょうから、ストレスもたまるんだろうなと思います。

 

ただ、疲れた顔してたり、愚痴なんかも言ってたかもしれませんよね。

そういうことがきっかけで、乙武さんも他の女性に癒しを求めてしまったのかもしれませんね。
女の立場としては、そこを理解せずに他の女性に、というのは絶対許せないですけどね。

 

別居ということですが、きっとそのまま離婚ということに結びついてしまうんでしょうね。

 

現在、夫のいない生活をしてる私としては、確かに子供と私だけのコンパクトな家族は、いろんな意味で楽なこともあるんです。
でも、やはり、パートナーがいないことのさみしさのほうが大きいんです。

1日だけ帰ってこない日の解放感は、とてもうれしかったのですが、いないことは喪失感でしかありません。

今は、子供がとても小さくてたいへんでしょうし、浮気や介護や辛いことばかりなんでしょうね。

でも、子供が小学生になって子育てが楽になったら?乙武さんの介護を誰かにお願いできたら?ベビーシッターなど利用して、自分の時間が取れたら?

もしかしたら、離婚までしなくてもよくなるんじゃないかなとも思うのでした。

 

私だって、もし、まだ夫が生きていて、毎日喧嘩してたらこんな風に思えなかったかもしれないなぁ。

 

 

 

広告を非表示にする