読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突然シングルマザーになった私と我が家の楽しい毎日

子供二人シングルマザー急に考えなきゃいけなくなったお金のこと子育てのこと

新盆とお墓の話

今年のお盆は新盆なので、家に来てくださる方もいるためお盆は家で過ごす予定です。

少しずつ夫の好きだったものなどを買ってきたので、そういったものを供えて子供と家で家族の時間を過ごそうと思います。

明日はお墓へお迎えに行く予定です。

若くして亡くなった場合のお墓の話

f:id:familyof3:20160812224217j:plain

お墓は、電車で2時間近くかかってしまうところにあります。

早くに配偶者を亡くしてしまうと、お墓の問題があるのではと思います。

家によって様々な事情があると思いますが、我が家の場合のお話を書きます。

夫は次男ですし、私と夫が年老いて二人のどちらかが亡くなれば、その時にはどこかにお墓を用意することになったでしょう。

さすがにまだお墓をどうするのか?なんていう話をしたことがなく、よく笑い話で、お墓に入るより、二人ともよく行っていたハワイの海にでも散骨してほしいわ~なんて言ってたくらいです。

葬儀が終わった後、とても親身にこの先の手続きなどの話を絡めながらも、お墓を購入することや仏壇を購入することを勧めてくれた葬儀屋さんの女性。

どうにか売ろうとしているんだなぁと感じて、その親身な言葉も何も信じられない気分になったものです。

仏壇もお墓も言う通りにお願いしなかったら、途端に連絡が来なくなりました。

そうですよね、お仕事ですから親身なふりもしますよね。

ただ、その女性の話を聞いて分かったお墓や仏壇のお値段。

それまでの生活では、そういったもののお値段を知る機会はありませんでした。

悲しい時にいつでもお墓に会いに行けるところにしてはどうですか?

と言われたのですが、私が住む近くのお墓はびっくりするほどのお値段でした。

 

これから、二人の子供を立派な大人になるまで育てなくてはいけない私。

それだけの大きなお金を使ってしまうことは正直不安でした。

そして、もう一つ気になったこと

実は実家の親たちも、お墓が遠方にあり、長男である父も妻である母もそこに入るとなると、そこを守らなければいけないのは長女の私。

妹がいますが、国内に住んでいないため無理・・・

そこで、両親はお墓を自宅と私の家の間くらいに新しく用意して、お引越ししようか、とも思っているようです。

近い場所に用意してくれたらもちろん私は両親の言う通りに守っていきたいと思います。

ただ、昨今のお墓の話題で出るような、樹木葬だとかお墓を持たないような選択肢も考えているようです。

そこで気になること。

それは、もし私が今、夫のためにお墓を買ったとして、そこに私もいつか一緒に入った時にそのお墓を守ってくれるのは長男なんですよね。

もしも、長男が仕事やその他の理由で今の自宅以外の遠いところに住むことになったら、もうそのお墓には誰も来てくれないことになりますよね。

お墓をどうするのか、それはお墓に入る本人ではなくてそれを守る子供たちということだと思うと、とてもじゃないけれど今、それを決めることができず・・・

 

けっきょく夫は義実家のお墓に納骨させていただくことになりました。

いつかお墓の場所や形を決めたら、またその時に移動させていただくことになっています。

このままそのお墓のままでもよいし、いずれ移動しても、本当にどちらでもよいよ、と言ってくれた義父母の心遣いが本当に有り難かったです。

 

分骨と手元供養

実は納骨前に、分骨をしています。

小さな手元供養用の入れ物に、分骨していただき、いつか夫が話してたハワイの海へ散骨したいと思うので、少し残させてもらいました。

今は、仏壇に位牌と一緒に置いて、手元供養ということでいつもそこに手を合わせています。

なので、2時間もかかるお墓へはなかなか行けていません。

お墓ではなく、子供が大好きでしょうがなかった夫ですから、常に近くにいてくれてると思っているので、お墓にはそれほど頻繁に行かなくてもいいかなと思っています。

でも一応、明日はお墓へお迎えに行ってきます。

2時間もかかるし、自然たっぷりのところへ出かけるので、子供たちも楽しみにしています。

なので、お墓の帰りには少しその近くで子供と遊んでくると思います。

普通ならよくないのかもしれませんが、夫ならせっかくここまできたなら、子供たちが喜ぶところで遊んだら、一緒に楽しんでくれるんじゃないかと思うのです。

子供たちと、パパと一緒に来た時のこと話したり、一緒に遊んだときのこと思い出したりしてもらって過ごしてこようと思います。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


シングルマザー ブログランキングへ