突然シングルマザーになった私と我が家の楽しい毎日

子供二人シングルマザー急に考えなきゃいけなくなったお金のこと子育てのこと

風邪を早く治す方法

ずっと楽しみにしてた集まりがあるんです。

そのためにちゃんと準備して、両親に来てもらって子供たちもお願いしています。

それなのに、あのコストコへ行った木曜日の夜、やはり完全に風邪を引いたようで・・・

f:id:familyof3:20161022140417j:plain

37度ちょっとの微熱と、喉の痛み、それからとにかく怠くて怠くて。

このまま高熱を出すパターンかも、とぐったりしておりました。

翌日の仕事はとにかく休めない。

ここもまず乗り越えなくてはいけないところ。そこで、なんとか風邪をあっという間に治す方法を考えてみました。

普通に市販の風邪薬を飲んでみる

f:id:familyof3:20161022140436j:plain

夜はとにかくまずは薬を飲んで早く寝てみることにしました。

食後に薬を飲み、9時過ぎには子供たちとベッドへ。

いつもそこから2~3時間は起きてるんですけどね。

ところが朝起きてみたら、怠さは倍増しているし、喉の痛みもまだまだあるし、良くなっているどころかさらに具合が悪くなっていました。

もうなんとかして仕事を休もうか・・・とも思うくらいでしたが、今日休んでしまうと今後の予定も変わってしまうし、何より休むためにそこから10件ほど電話をして休みますとの連絡を入れなくてはいけないわけでして。

しかも、すぐにつかまるか分からない相手10人に伝えるために電話をかけるくらいの元気がなくて、子供を送り出してしばし寝てみました。

ヒートショックプロテイン

ここで奥の手を使うことにしました。

ヒートショックプロテイン入浴法です。

ヒートショックプロテインHSP)とは

体はストレスだと感じるけれど、細胞が死んでしまうほどではないストレスを与えることで、体内のHSPが増え、傷や病気が治りやすくなったり、免疫細胞の働きを強化したりするのです。

以前にもやったことがあって、とても風邪をひいて寝ていられない、短時間で治さなければ・・・というときに、熱いお風呂(41~42℃)に10分~15分入るのです。

水分をしっかりとってから入浴して、あがったらよく水分をふき取って保温をします。

今回は、部屋着の上から毛布をかぶって15分ほど保温状態にしました。

保温している間にも汗がダラダラ。

少しだけあった熱もこの汗で下がった気がします。

この後、しっかり1時間ほどベッドで寝てみました。

私が子供のころから体感していた風邪の治し方

HSP入浴後に休んで、その後仕事に向かったのですが、正直この時点ではまだふらふらっとした感じ。

仕事が始まった頃は、あぁ最後までもつかなぁ、という感覚だったのです。

まだ喉も痛かったし、怠さもあって、マスクをしながらの仕事。

でも。

仕事を全て終えたとき、あれ?私、いつの間にか元気だ・・・と気づいたのです。

仕事に没頭している間に具合が悪いということを忘れていたようです。

そして、それは全部終わってみたら症状自体が消えている、という状態です。

もしかしたら、HSPの効果が出始めたのかもしれません。

詳しくわからないので、どのくらいで効果が出るかはわかりません。

昔、私が子供だった頃、少しくらいの風邪なら学校へ行きなさい!という家庭で育ちました。

当時、両親ともにそれぞれ仕事をしていたので、家にいたのは祖母だけ。

その父方の祖母は、子供嫌いな人で、同居していたとはいえ怒られたことはあっても遊んでくれるわけでもなく、嫌な思いをさんざんさせられてた人でした。

そのせいもあって、風邪をひいて休むとその祖母と二人きりということになってしまうくらいなら学校へ行きたかったんです。

そして、習い事へ行くときも、ちょっと熱があるかも?と測ってみたら38度もあり、父に熱があるから休むと先生に電話して!と言ったりしたことがありましたが、父はそういう習い事にノータッチでして、電話をすることが嫌だったようです・・・

「大丈夫大丈夫、行っておいで、具合が悪くなったら帰っておいで」

なんて英語教室にもピアノ教室にも送り出されてました・・・

今、親となっては、周りにうつしたら迷惑じゃない!!と気になりますけどね。

 

そんな風にほとんどお休みせずに辛くてももうひと踏ん張りする感覚で学校や習い事へ向かうのですが、けっきょく終わって帰るころには不思議と熱も下がり、元気になっていたりするんです。

もともとが丈夫だったからということもありますが、精神的な影響が大きいかなと思います。

親が大丈夫っていうから大丈夫だと思える。

友達などにあって何かに打ち込んで具合の悪さを忘れられる。

その後、仕事をしていてもフリーランスで代わりをしてくれる人がいない仕事だったので、這ってでも行く、という感覚で乗り越えてきました。

今は、自分の子供たちを休ませるときには、いろいろと迷うこともありますが、基本、ちょっとの鼻水くらいなら野球でもやってたほうが家でおとなしくしてるよりは、早く治るはず、くらいに思っています。

お友達にうつしちゃうからと気にして、鼻水が出てくるくらいでもお休みさせるという子が幼稚園にはいましたが、小学校は熱さえなければ行かせるという方が多いようで、息子たちも風邪のときは熱さえなければマスクをしたままゴホゴホしてても行かせています。

今回、私はこのHSP入浴法と仕事を頑張るという二つで乗り越えたようで、すっかり元気になりました。

母親って、風邪すらのんびりひいていられませんからね。

昨年、親子で毎月のように熱を出しては寝込んでいたのは、夫がいなくなったことから皆弱ってたのかなと思います。

この冬は、定期的にHSP入浴をして、免疫を高めて乗り越えようと思います。

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


シングルマザー ブログランキングへ

広告を非表示にする