突然シングルマザーになった私と我が家の楽しい毎日

子供二人シングルマザー急に考えなきゃいけなくなったお金のこと子育てのこと

遺伝と得意なこと

梅雨寒の今日、本当は小学校のプール開きでした。

もちろん、入れませんよね。

6月のプール開きってどうしても無理がある気がします。

ほとんど脂肪のないガリガリな息子たちは、内臓まで冷えてしまうのか、プール後何時間経ってもまだ寒いと毎年嘆いています。

実りました

我が家のブルーベリーが実りはじめました。

f:id:familyof3:20170613145416j:image

ほんの少しだけ実が付いています。

もう一本は遅めに実る品種なので、まだこれからです。 

f:id:familyof3:20170613145428j:image

でも、なんだか少な目?

どうもこういうものを育てるのは得意ではありません。

 

うまく育てるとたくさん実るのかもしれません。

本など見ても、剪定などよく分からないことばかりで、自然に任せてます。

(だからあまり実らないわけですね)

 

向いていない

そう。

たぶん、私、こういうこと向いていないんです。

以前、家庭菜園をやっていたことがあります。

夫がいたころに、夫が始めようと提案したからなのですが、一緒に手伝うことはあっても、夫がメインで世話をしてくれて、分からないことは親くらいの年齢の家庭菜園仲間まで作って、情報を仕入れて工夫して作っていました。

なので、我が家だけでは食べきれないほどの野菜ができていました。

でも、主婦目線で見ちゃうと、土やら肥料、そして道具、種や苗など、意外とお金もかかるものなんですよね。

夏野菜も食べきれないほどたくさんできて、作ってる夫本人ですら、もう茄子見たくない・・・というほど。

大根だって、一本が大きくて、とてもとても消費しきれず、お友達にあげていました。

苦労もしてこうやって作るくらいなら、ほしい分だけ買ったほうがいいのに、なんて思ってしまってました。

もちろん、楽しいこともたくさんありました。

息子たちも、トマトやキュウリなど畑で取って、洗ったら何もつけずにバリバリ食べて、野菜大好きな子になりました。

 

でも、今その経験をさせてあげたくても、どうも私は鉢植えすら枯らしてしまうこともあるのですよね。

長男

長男は、よく植物を育てたがります。

特に野菜や実のなるもの。

昨年の夏は自分でミニトマトを育てていました。

ブルーベリーだって、長男が欲しいといって買ったものです。

長男は、夫と似てるんでしょうね。

次男は、長男の作ったトマトをもらって食べて楽しんでましたが、手伝うことはしないんですよね。

私に似たんでしょうね。

 

なんとか枯らさずにブルーベリージャムが作れるくらいに育ってくれたらいいなぁ。

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

年子ランキング

広告を非表示にする