読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突然シングルマザーになった私と我が家の楽しい毎日

子供二人シングルマザー急に考えなきゃいけなくなったお金のこと子育てのこと

野球の試合

こどものこと 思うこと

法事を終え、今度は子供たちの野球の試合。

久々にお当番でお手伝いに行ったので、応援してきました。

雨が降るのでは?と心配してたのに、晴れて暑くなりました。

f:id:familyof3:20160912102013j:image

9対6で勝利!

今回は初めての4年生以下での新人戦。

1回から順調に進んだ試合。

途中、追い上げられる場面もありましたが、9対6で勝利!

長男は自分は特に活躍できたわけではなかったけれど、やはりチームとして勝ったことは嬉しいことだったようです。

試合後、戻って高学年チームとともに練習した時には、紅白戦をやり、そこでは少しは活躍できたと喜んでいました。

でも、やはりまだまだ実力不足。体力不足。

同じ学年の一番大きい子のお母さんと話していて、食べる量が圧倒的に違うこと、そして、なんと長男の体重がその子の体重のちょうど半分しかなかったことにびっくり!!

小学4年生で、体重が2倍だなんて・・・そんなに差がつくものなんですね。

身長も、1学期ごとに測定して2センチちょっとずつは伸びているので、気にはしてませんが、体重に関しては食べる量はかなり増えたけれど、かなり停滞気味です。

ここ丸1年で2キロしか増えてません。

私も小学生くらいの頃は小さかったし、痩せていたので、きっと同じようなタイプなのかも。

私でできることは一緒にやってあげたいのだけど

本当は、もう体が小さい長男には期待していないから、下の学年の子を育てるほうに力を入れたい、と監督やコーチは思っているんじゃないかなと思いますが、もちろん子供にそんなこと言えないでしょうから、長男としては何とか頑張らないと、と思ってるわけです。

私では練習相手にならなくて、意味があるか分かりませんが、長男が納得いくように練習に付き合ってあげたい。

難題はいろいろあります。

私が経験ないことで、ほとんど相手にならないことももちろんですが、近くに練習できる場所がほとんどないこともあります。

公園ではボールやバットを使うことはできないし、家の前の道路は車はさほど通らないものの、目の前にあるフェンスをボールが超えてしまうと、取りに行くことができないのです・・・

一つ広場があって、バットはダメだけどボールは使えるのでそこでキャッチボールなどをするのですが、夕方でも明るい時間は就学前くらいの小さい子なんかも遊んでいて、しかも自転車に乗ってる子がたくさん入ってくる広場なので、キャッチボールすら危ないんですよね。

 

野球やる子がどんどん減るわけですよね。

みんなどこで練習してるんだろう。。。

車で10分かけて大きな運動公園まで行く?

平日は無理だろうなぁ。